• 医学連とは
  • 取組と実績
  • 運営と財政
  • 役員
  • 加盟校

COVID-19に対しての、医学連の取り組みを紹介します。

コロナ対策本部で方針を話し合いました!

 医学連では、コロナ問題をめぐって全国の医学生の状況を確認し、様々な声に対処するため、4月からコロナ問題対策本部を立ち上げ、情報収集を行ってきました。  

全国各地からは、経済的な困窮や実習が中止になることへの不安の声など、様々な実情が寄せられました。また、各地の加盟自治会では、大学内で様々な活動を独自に展開しており、今後もより一層発展が期待できそうです。

 

4月22日には、役員でテレビ会議を行い、今後の対応について方針を決定しました。確認した点は、以下の通りです。

⓪医学連としての要請書を作成して、学生の不安な点や要望をまとめる。

  • 各自治会活動について
  • ①各地の自治会の活動をHPにまとめる。

    ②HP目安箱で、医学連への要望と学生の困りごとを集める。

    ③自治会の活動方針について、医学連としての提言を打ち出す。

  • 金銭的保障について
  • ④FREEなどの全国の学生と協力して全国署名を作成していき、その方針については、医学連に適宜もち返って協議する。

  • 臨床実習について
  • ⑤文科省・厚労省からの公文書を確認し、事実確認および今後の方針の聞き取りをする。

  • 講義、試験について
  • ⑦文科省に今後の方針を正確に聞き取り、学生に情報提供を行う。

  • 国際認証について
  • ⑧JACMEに連絡して、国際認証評価のコロナ対応を聞き取る。


    この他にも、時間の制約の中で議論しつくせなかった議題については、次の会議で決めていくことになりました。今後、決定した事項を早急に実行し、学生の苦難を少しでも軽減できるよう全力を尽くしていきます!!

  • 医ゼミ
  • 医師養成
  • 自治会活動
  • インタビュー
  • 医学連新聞
  • 新聞スクラッチ
  • 企画スケジュール
  • 医学生DATA
お問い合わせ医学連役員ブログ医学連アンケート
facebook
  • pagetop
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。