• 医学連とは
  • 取組と実績
  • 運営と財政
  • 役員
  • 加盟校

医学部入試における女性や浪人生等の扱い不利による入試不正問題についての全国調査

 

2018年8月7日、東京医科大学の内部調査委員会は、2006年から医学部医学科の一般入試で女性受験者の得点を一律に減点していたことを明らかにしました。その後、文部科学省は複数の大学で女性や浪人生の扱い不利による入試不正が行われていたことを報告しました。昭和大学は10月15日の記者会見で現役と1浪の受験生を優遇した理由について「将来性が高いと判断した」と説明しています。

全日本医学生自治会連合では、医学生がこれらの問題についてどのように考えているのか、また、実際にそのような経験をしたことがあるかについて解明し、本問題の根本的な解決を目指すことを目的として、全国の医学科学生を対象にアンケート調査を実施しました。2月1日現在で、50医学部から計2186件の回答を得ました。

 

集約結果を受け医学連では以下の点を提言します(詳細は添付の全国調査についての中間報告と提言をご参照下さい)

・受験生を公正に選抜するべく、性別・年齢を理由とした不公平な扱いを禁止せよ

・労働環境改善は何より急務、柔軟なキャリア設計を保証する研修制度も不可欠

 

医学生の権利を守る医学連として、このように医学部に根強く残る差別意識が多くの医学生を抑圧している現状を看過することはできません。

また、入試差別により医師の多様性が損なわれてしまうことは、多様なニーズへの対応を医療に求めている社会の要請するところでもありません。

このような立場から、入試不正問題の根本的な解決へ向けて、提言を発信いたします。

 

中間報告のダウンロードはこちら↓(2019.03.12.21:44データ修正済)

[最新完成版 中間報告]医学部入試における女性や浪人生等の扱い不利による入試不正問題

 

ご意見、ご質問はこちら↓

  • 医ゼミ
  • 医師養成
  • 自治会活動
  • インタビュー
  • 医学連新聞
  • 新聞スクラッチ
  • 企画スケジュール
  • 医学生DATA
お問い合わせ医学連役員ブログ医学連アンケート
facebook
  • pagetop